Universal harmony club

お惣菜の外国人実習生をお考えなら良い人材で実績のある日本会まで

色褪せることなく継承される、佐藤榮作の想い。

60年安保、1962年(昭和37年)のキューバ危機と国内外は「東西冷戦」の真っただ中。

昭和37年「世界調和と人類の繁栄」の構築を目的に日本会は発足し、初代総裁に佐藤榮作氏が就任しました。昭和47年に内閣総理大臣を退任するまで、7年8か月間、冷戦後の国際社会を見据え、「世界平和と人類の繁栄」のために東奔西走されました。国内においても昭和47年沖縄返還を成し遂げ、同年総理大臣を退任。昭和49年ノーベル平和賞を受賞し、翌昭和50年6月3日他界。享年74歳。まさに命をかけて冷戦後の世界を見据えた、昭和の名宰相といえるでしょう。

「世界調和と人類の繁栄」昭和37年の日本会創設以来の「総調和」の精神は、半世紀を経過した現在も色褪せることなく今日も輝き、その処方箋は今も変わることなく生き続けております。今日世界中に起こっている民族の対立、政治的な対立、貧困問題等人類の課題について、佐藤榮作氏はどういう処方箋を出すでしょうか…。

「国際社会の平和と安定についてどうかかわってゆくのか、君たち一人ひとりが考え、行動し、国際社会でいかに“歴史と信頼”を構築してゆくのかだよ」笑いながらさらりと語っている姿が見えてきます。

NEWS

2017年6月27日
横須賀港湾訪問
2016年8月24日
研修会 現地訪問 第18回「佐賀県の歴史を訪ねて/日本磁器発祥の地」
2016年8月24日
研修会 現地訪問 第17回「歴史を訪ねて日光東照宮」
2016年6月2日
フォーラム「成長戦略の進化のための今後の検討方針」
2016年4月10日
研修会 現地訪問 第16回「大阪造幣局/桜の通り抜け」

平成28年経済センサス活動調査を実施します